ワクワクDBとは?利用方法やCB・業者・援デリを見分ける活用術

どうも、こんにちは!合コン100回、Pairsで福岡で月152人マッチング中のKEIです。

あなたは、いま、

  • ワクワクDBってなんぞ?
  • ワクワクDBの利用の方法がわからない
  • ワクワクDBで業者やCB、援デリわからない???

とお思いで、この記事にたどりついていると思われますが、

結論からいいますと、

ワクワクDBは「第三者の判断」でワクワクメールのあやしいアカウントを判断できるところに最大のメリットがあります。

つまり、ワクワクDBで他人のアカウントの評判を確認することができるわけです。

しかしながら、デメリットもあります。

必ずしもその評判が全部のアカウントにあるわけではないというところです。

ここについては、???となると思いますから、順をこれから本文で説明していきたいと思います。

さらにこれを読んだ暁には、業者や援デリ業者、キャッシュバッカーなどを見分けること簡単にできますので、しっかり見ておきましょう!

ワクワクDBとは?概要を説明していきます。

ワクワクDBというのは、

ワクワクメール利用者が、アカウントの口コミを書き残せるサイトになります。

運営も投稿も、すべて有志の方がやっているんですよ。\(^o^)/

すごいですよね!w

 

そして、ワクワクDBというものの存在意義は、

このアカウントあやしいけど、実際のところどうなん?

という疑問を解消させるところにあります。

 

そういう説明がないのでわかりづらいところがありますよね。笑

しかし実際、内容を登録してみてみると、以下の写真のように

ワクワクメールのアカウントが過去にどういったことをやってきたのかを見破ることができます。

 

目次に戻る

ワクワクDBの仕組みを解説

次にワクワクDBの仕組みについて解説していきたいと思います。

ワクワクDBは、以下の写真のように

ワクワクメール内の会員の情報を他人が投稿できる仕組みです。

これはこの会員のワクワクDBの情報です。

ワクワクDBで検索↓画質悪くてすみません。

これは、実際に第三者が投稿しているこの会員における口コミです。

だいぶもりあがっていますね。

 

もっとわかりやすくいうと。

たとえば、あなたがA子ちゃんとワクワクメールでつながったとしますよね。

そして、A子から突然

A子「今から会って✕✕しましょうよー」といわれたとします。

すると・・・

「これはあまりにも怪しい・・・」

「いきなり✕✕っておいおい。」

と思ったとしますよね。

そこで、ワクワクDBの登場です。

ワクワクDBでそのアカウントのIDを検索してみると過去に接触した有志たちが、

「このアカウントは美人局です。」

という書き込みをしてくれていたとすると・・・

「やっぱりかーーーー!!会うの辞めとこ!!」

となるわけです。

 

被害のあった情報は有益な情報ですし、二次被害を防ぐことができますよね。

目次に戻る

業者を見分けられるワクワクDBの使い方や活用方法

それでは、次にワクワクDBの使い方や活用方法をおしえていきたいと思います。

使い方は非常にシンプルな作りになっていて、

ワクワクメール内の気になるアカウントのURLをコピー

まず、気になるアカウントをタップで長押ししていきます。

URLをコピーを押す

次にタップするとURLをコピー画面がでてくるので、URLをコピーをおしていきます。

新ID検索をタップ

次にワクワクDBの画面にいったら、

URLを貼り付けて、検索ボタンを押していきます↓

そうしたら、その会員の書き込みがわかります。

目次に戻る

ワクワクDBの登録方法は?

次にワクワクDBの登録方法について説明しますね。

登録は簡単で2ステップで完了します。

まず、ワクワクDBのトップページにある「ユーザー登録」をクリックします。

続いて、

  • ユーザーID
  • パスワード
  • Email
  • 名前
  • 性別
  • 年齢
  • 都道府県

などを入力し、確認をクリックしましょう。

メールアドレスは、Gmailやyahooメールなどメール受信できるものであれば何でもOKです。

入力したアドレスにワクワクDBからの確認メールが届くので、掲載されているURLをクリックすれば登録完了となります。

迷惑メールはくる?

ワクワクDBに登録しても迷惑メールがくることはありません。

何かしらのサイトに登録して迷惑メールがたくさん来たことは誰しも経験があるかと思いますが、ワクワクDBではそういうことはありません。

登録した後はガンガン使い倒しましょう!

退会方法も一緒に紹介

ログイン後のトップページにある「退会する」をクリック、切り替わった画面でもう一度「退会する」をクリックすると退会完了です。

退会は簡単ですが、ワクワクDBでは1度登録したメールアドレスでの再登録は出来ません。

再登録するのならば

  • メールアドレスを変更する
  • 端末を変えて別のアドレスを登録する
  • Gmail、yahooメールなどのフリーメールを使用する

など、別のメールアドレスを用意しなくてはいけなくなります。

この点だけは忘れないようにしてくださいね!

目次に戻る

登録件数を拡張するともらえる特権が便利?

ワクワクDBでは、自身がユーザー情報を登録するほどいろんな機能を使える「登録件数特権」というものがあります。

登録件数ごとに追加される機能は

5件登録特典

  • 満足度がわかる
  • 登録元、登録日時のチェックができる
  • 無制限で検索できる(登録しないと閲覧できる回数に制限があります)

10件登録特典

  • 好みの会員のIDをメモできる機能が追加される
  • 検索数の多い順で会員をチェックできる

50件登録特典

  • 登録データからID検索へのリンク機能が使用できる

 

こういった感じになっています。

登録しなくても検索はできますが、数回検索するとコメントが伏字になって読めなくなります。

これは、ワクワクDBが登録メンバーたちの情報のギブ&テイクで成り立っているからです。

つまり、「見るだけじゃなくて、あなたが持っている情報もください」ということですね。

登録画面は↓のようになっています。

まずは5件の登録を目標にして、ワクワクDBを便利に使えるようにしていきましょう!

目次に戻る

実際にワクワクDBで業者を見分ける方法

ワクワクDBでは業者などの存在を簡単に見分けることができます。

見るべきところは

  • 会っていた時間
  • 業者判定

の項目で、

会っていた時間が0.5~1時間など短い場合は、実際会って交渉をしたけどお金の折り合いがつかなかったパターンで、割り切りか業者と見て間違いないです。

業者判定が「業者」や「セミプロ」となっている場合も同様ですね。

またコメント欄には特徴や感想などが書かれていたりするのでチェックしましょう。

ワクワクDBを上手く使いこなして業者などを避けいい出会いを探しましょう!

目次に戻る

利用するうえでの注意点

どんなサイトでもそうですが、ワクワクDBでも利用する際に注意する点がいくつかありますのでそれらを見ていきます。

情報を信じすぎない

ワクワクDBは確かにお役立ちサイトですが、すべての情報を信じてしまうのは危険です。

その理由としては

  • 登録件数特権を得たくて適当な情報を登録する
  • 振られたり、相手にされなかったりしたユーザーが腹いせに嘘の情報を登録する

などがあげられます。

やはり参考程度の情報として利用するのがいいかもしれませんね。

また、以下の点もルールとして守りましょう。

相手の個人情報は載せられない

当たり前ですが、相手の住所、本名、電話番号など個人を特定できるようなものは載せることは出来ません。

間違って載せたりしようものなら、サービスの利用禁止などのペナルティが考えられるので絶対にやめておきましょう。

目次に戻る

ワクワクDBを利用した実体験と感想!嘘も多いし利用価値ないかも?

そこで今回実際にワクワクDBを実際にKEIが使ってきた感想と実体験を載せておきますね。

ワクワクDBをつかうよりプラチナクラスのほうがいい

ワクワクDBより確実な情報を得ることができるものがワクワクメールには存在します。

それが「プラチナクラス」です。

直近93日間(約3ヶ月)の合計課金金額が10万円を超えると最上級の会員ランク「プラチナクラス」に認定されます。

この「プラチナクラス」、とにかく特典が凄いことになっています。

代表的なものを見てみると

  • 入金ボーナス加算率30%(通常10%)
  • 女性の登録日、最終ログイン日時が表示される
  • メール送信人数、掲示板書き込み数が表示される
  • 掲示板でのメモされた人数などががわかる
  • お気に入りのメモ内容がわかる
  • 自分がメモされた人数などがわかる

 

いやー女性のことが丸分かり状態です(笑)

その女性は出会いやすいのか、可愛いのか、そんなことも分かるようになり出会いのチャンスが高まりますね。

さらに、1度プラチナ認定を受けるとランクダウンすることもなく永久にプラチナクラスのままです。

ワクワクDBもユーザー同士の情報交換で作られているありがたいものではあるのですが、情報の正確性や量において、やはり「プラチナクラス」の方が断然上です。

お財布事情が許されるのであれば「プラチナクラス」になることを強くおすすめします。

優良な会員の情報はない

ワクワクDBはその性質上、可愛い会員が載ることはありません。

なぜかというと、かわいい会員については、

その情報を書いているとライバルに取られてしまうからです。

ワクワクDB内に、

「この会員は可愛いぞ。おすすめだぞ」

と書き込むと、「お!まじかメッセージおくろーと!」となって、取られてしまうからです。

なので、可愛い、性格良い、すぐやれちゃうなどの情報は無いため

自分の身を防ぐ目的のもので使うといいですね。

目次に戻る

まとめ

ワクワクDBは、実際に美人局情報や業者の情報などを調べてみると、意外にも書き込み情報がおおいので

役に立つときは、

  1. 業者やサクラの疑いを晴らすとき
  2. 書き込み情報は有志のものなので、信頼してOK
  3. ただし、あたりの会員の情報などは極少数

ということがいえるため、自分の身を防ぐために使用する目的がいいです。

ただし、この情報も100%フォローできることはないので、

5ちゃんや、爆サイの情報なども並行して情報収集するといいです。

目次に戻る
ワクワクメールでオフパコできるの?

ワクワクメールの評判や口コミ
男女60人にアンケート調査!

ワクワクメールというのは聞いたことあるけど、

  • なんか怪しいよね?
  • どうせ出会えないって。笑
  • サクラばっかりでだめアプリ!笑

と思っていた時代も私もありました。

ワクワクメールを実際に使ってみた60人に聞いたアンケート調査で、ワクワクの価値観が崩壊。筆者は膝から崩れ落ちる自体に発展。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

中高大と全くモテなかった経験から、4年間で合計約100回の合コンに邁進。月に80000円はくだらない金額を出会いに使ってきたが、マッチングアプリを使った出会いが一番効率良いことを知る。現在は月88人マッチングした方法や恋愛テクニックをそのままメルマガ・ブログで情報還元中。合コン中に女子から真顔で「きもっ」といわれたKEI発刊のメルマガ「非モテメンズ撲滅講座」は生徒さんからうざわかりやすいと話題。