モテる男のLine頻度は?余裕のある男のそっけない既読スルーからのデートの誘い方

どうも、こんにちは!合コン100回、Pairsで福岡で月152人マッチング中のKEIです。

あなたは今、

  • 余裕のある男のLINEの頻度を知りたい
  • モテる男のLINEはそっけないの!?
  • えええ。既読スルーしてデート誘えるの!?

と思いかと思いますが、すべて事実です。

 

結論からいいますと、2タイプ別れます。それが、

頑張って毎日義務のようにLINEを送ってLINEに疲弊してデートにやっとこさこぎつけている人

既読スルー後半年ぶりにLINEを送って、会った女子とデート後にお持ち帰りして彼女にしてしまう人

です。実はこれ↑私のことです。

そして、余裕が生まれたころ、モテるようになりはじめたのがあきらかに後者のほうですね。

そのほかにも自分の知り合いのナンパ師Iさんも、2週間くらい女子のLINEを忘れているwと言っていましたし、

ホスト界の神ROLANDさんもLINEは全然マメじゃないと言っています。

しかしながら、それでいてLINEメッセを遅く送ればいいってわけでもなく、あなたの勝負すべきところがそもそも間違っている可能性が多いに高いのですね。

恋愛ってもっと奥が深いものですし、あなたも人生のパートナーとか探しているのであればその本質を知らないと今後大失敗する可能性もありますよ。

今回はそんなLINEの送りかたについてお話ししていこうかと思います。

おとこばっかりの職種で有名なSEだったKEIも合コン100回繰り返した後、今では女子との恋愛に困っている生徒にモテ方を教えれるようになったわけなのですが、

たった7日間で・・・

  • 2年間ちんちんがご無沙汰状態のZくんが → 1ヶ月でセフレを作ったり、
  • 2年間彼女がいない公務員Aさんが → 3ヶ月で結婚報告を聞いたり、
  • 3年間女子と話しができなかったHさんが → 1ヶ月で薬剤師とデートしたり、

そんな、本気汁たちが集まる無料メルマガ講座「非モテMENS撲滅講座」を今だけ無料開講しています。

※アドレス登録だけで講座がすぐ届きます。メルアドすら入力面倒な人は、LINE@もありますよ。→公式LINEはこちら

モテる男・余裕のある男のLINEはそっけない?

モテる男・余裕のある男ってなんで女子に送るLINEが遅いかわかりますか?

 

それは、その女子に対して価値を感じていないからです。

なぜかというと、他に手持ちの女がいるからです。

 

なので、一人の女子に対しての価値がものすごく低いんですよね。

そして、それがどういう作用をもたらすかというと、

モテる男って男の全体の1%だから「モテる」と呼称されているんですよね。

 

じゃあ99%の男性は何をしているのかというと、

 

執拗にLINEを送っています。

 

本当に無意味なLINEを毎日せこせこ送っていますね。

 

「○○ちゃん、おつかれ~。今なにしてるの?(^^)」

 

って送りすぎです。

しかもそういう男性に限って絶望的にLINEの内容がつまらない・・・

「昨日、○○行ってきたんだ~!」

「仕事がさ~今めちゃめちゃ忙しいんだよね~」

「さっき食堂にいたよね!?○○ちゃんじゃない?」

とかいうLINEを女ともだちから見せられたことありますけど、

 

「だけんなんなん・・・」(”だからなんなの”の意)

 

と男の自分でも思ってしまいましたよ。女子ってたいへんだな・・・と思ったレベルです。

その女ともだちも、

「まじでつまらない。」

「けど、職場の上長だからさ。既読スルーとかできなくて・・・」

とか言っていました。

100歩譲ってデートに誘うとかならわかりますけどね。誘わないんですよ。この男。

なにしてんだよ。って、ぼくんちの中で思ってました。(二人で宅飲みしてました。)

目次に戻る

女子のLINEを既読スルーしてデートに誘う方法

絶対あなたもあっち側の人間になってはいけないですよ。

ほんと。男として終わってます。

 

LINEは

 

デートに誘うツールです。

 

デートに誘えなかったら、LINEの友達の数がほんとの友達の数だ!と言っている痛いやつと一緒なんです。

もし誘えなかったとしても結果がどうこうではなく、LINEはデートに誘うツールであるという認識が大事なんです。

 

 

だから、あなたがその女性にLINEを送るときは、デートに誘うときにしか送ってはいけないんです。

これは彼女になってからでも一緒です。

だらだらLINEをするくらいだったら、会って、顔みて、一緒に時間を過ごすべきじゃないですか。

 

だから、モテる男のLINEの頻度は低いんです。

 

なぜなら、デートのアポイントをとるときにしかLINEを送らないので。

 

しかも、モテる男にとっては、その女性はアポイントを取るための一人でしかありません。

めちゃめちゃそっけないですし、必然的にその女性へのLINE頻度は低くなってしまいます。

ロジックがだんだんとわかってきましたかね。

目次に戻る

LINEの頻度を低めたら女子から好かれないかもしれない・・・

けれども、ここでビビってしまってLINEの頻度を低めることで弊害が生まれることを恐れてしまう方がいます。

それが、

「女子から好かれないんじゃないか?」

「女子から嫌われてしまうんじゃないか?」

というもの。

 

ちまたのスゴレンとか、smartlogとか、マイナビ恋愛などのキュレーションメディアでよく取り沙汰されてますよね。

 

モテる男の連絡はマメ。

 

って

 

あれ、全部ウソですからね。

クラウドワークスとか、ランサーズで雇った女子との恋愛のことを一ミリも知らないライターに書かせてますからね。

(そもそも性別すらもわからない)

 

時々女性ライターが男性との恋愛をわかったようにキュレーションメディアで書いてますけど、女性からの恋愛アドバイスほど参考にならないものはないですよ。

なぜなら、彼女らはすでに好きになった男性のことしか恋愛を体験していないからです。

大事なのは、もっと手前のほう。男性がどうやって女性を惚れさせるかのところなんですね。

 

彼女ら女性ライターが書いてる我々男性に送る恋愛アドバイスは、

「すでに好きなった男からしてほしい」

ことです。

我々がやることは、

「その女性を好きにさせる」

ことです。もっと手前のほうなんですね。

好きでもない男から頻繁に連絡がきてもうざいだけです。あなたがされてみてもそうだと思います。

 

そして、その女性を好きにさせるのは、

 

デート以外無理

 

です。

 

なので、デートに誘いましょうと言っていますし。

LINEはデートに誘うためのツールなんですよ。と言っているんですね。

目次に戻る

まとめ

LINEはデートに誘うツールです。

つまり、デートに誘う以外はLINEを送ってはいけないのです。

女子からしてもめちゃめちゃLINE送ってくんじゃんとか思われた瞬間食いつきを失いますからね。

なので、モテる男余裕のある男はLINEの頻度が低いのです。

こういうロジックがわかるかわからないかで雲泥の差が生じてくるんですね!

そのほかにも・・・

モテるメソッドだったり、ロジックだったりを語らせてもらう場として、非モテMENS撲滅講座という本気汁たちが集まるメルマガ講座をいまだけ無料で開講しています。

メルマガのなかには、そのほかにも

  • 女子と話すと目が泳いでたKEIが、女子からホテルに誘われたトーク術
  • 3年間出会いゼロの生徒さん → 2週間でデートに行かせた方法
  • Pairsいいね数50 → 500もらってる女性とマッチングした見た目の改善方

を、必要要素だけ教えていますので、登録しておいてください。邪魔だったら消せばいいと思うので。

ちなみにこういったメルマガの内容が届きます。↓

こんなかんじでKEIはホントに女子と会ってきたんですよ↓

※メルアドだけ入力後登録ができます。メルアド入力すらもめんどい人は公式LINEもありますよ。→公式LINEはこちら

実際に期間限定ではありますが、LINEを使ってデートに誘った事例とかも4通目にデートの誘い方とかを送っていますから、

自分の生徒さんでも、「このやりかたで確実に1人の方とデートにいけますようになりました!」とか嬉しい報告もきいてます!(^^)

目次に戻る
ワクワクメールでオフパコできるの?

ワクワクメールの評判や口コミ
男女60人にアンケート調査!

ワクワクメールというのは聞いたことあるけど、

  • なんか怪しいよね?
  • どうせ出会えないって。笑
  • サクラばっかりでだめアプリ!笑

と思っていた時代も私もありました。

ワクワクメールを実際に使ってみた60人に聞いたアンケート調査で、ワクワクの価値観が崩壊。筆者は膝から崩れ落ちる自体に発展。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

中高大と全くモテなかった経験から、4年間で合計約100回の合コンに邁進。月に80000円はくだらない金額を出会いに使ってきたが、マッチングアプリを使った出会いが一番効率良いことを知る。現在は月88人マッチングした方法や恋愛テクニックをそのままメルマガ・ブログで情報還元中。合コン中に女子から真顔で「きもっ」といわれたKEI発刊のメルマガ「非モテメンズ撲滅講座」は生徒さんからうざわかりやすいと話題。