合コン時の自己紹介のタイミング!ウケの狙い方や印象に残る方法とは?

どうも、KEIです!

 

今から合コンにいくんですか?

合コンはじめてですか?

合コンって自己紹介ってあるじゃないですか?

あれって適切なタイミングがあるって知っていましたか?

 

自己紹介ってあいてに自分のことを知ってもらうために行うものじゃないですか。

時には自己紹介もせず、合コンが終わってしまった・・・

なんてこともあるあるな話しです。

 

今回は、結構難しい合コン時の

  • 自己紹介のタイミングと切り出し方
  • 印象に残るようなウケを狙う自己紹介の方法とその利点

これらを合コン歴過去100回の私がご紹介していきたいと思います!

自己紹介するときの最良のタイミングとは?

自己紹介ってさきほど申し上げたとおり、自分のことを覚えてもらう行為ですよね。

合コンっていろいろなパターンがあってその度に自己紹介のタイミングも変えないといけないのですが、

基本的には、

 

”はじめて出会うとき”

 

です。

 

これには理由があって、恋愛の場合は特に

最初の0.5秒の見た目で「アリ」「ナシ」が判断されるからです。

 

つまり、席に座ったタイミングなどで普通の自己紹介を切り出したところでは食いつきを増そうとしても、正直ちょっと弱いです。

あとは、年収と肩書き、大手企業所属かどうかくらいです。

 

なので、自己紹介時は相手に強力に感情が動く(であろう)タイミング

 

そう”出会ったとき”なのです。

 

つまり、合コンなら女性側とはじめて顔を認識した時です。

 

目次に戻る

印象の残る自己紹介とは?

しかしながら、

合コンはスタートしたばっかりなのに、もう勝負が決まっているのですか?

という質問に私は、「どちらとも言えない」と答えざるをおえません。

 

それはなぜかというと、「ナシ側」でもまだ挽回の余地があるからです。

合コンの目的・ゴールをどこに定めるかなのですが・・・

基本的には合コンのゴールは相手から連絡先を聞き、後日デートに行けさえすればそれで合格です。

 

つまりは、意中の相手と後日または当日デートに行ければいいのですが、これを逆算した構成を頭の中にぶちこんでいかないといけません。

 

そこで相手の強力な引きを生む自己紹介も必要になってくるわけです。

あなたのターゲットとしたい相手の属性を考えてみましょう。

 

例えばなのですが、あなたがこういう自己紹介をしたとしますよね。

「えー緊張するんだけど・・・名前は○○って言います。

○○って呼んでください。よろしくお願いします!

一応、”楽天”株式会社勤務です」

こういった自己紹介をしたとしますよね。

これに反応する属性を考えてみましょう!

 

 

考えましたか?

これの場合反応する属性は、そうお金目当ての女性です。

お金目当てというか、男性に少なくとも金銭面では依存したいと考えてる女性が反応するでしょう。

 

これであなたが幸せなら特に問題がないのですが、こういう財産を魅せるタイプの自己紹介の方法はあまりおすすめしません。あなたの財布がATMとなる可能性が高いからです。

 

私が圧倒的におすすめする自己紹介の方法は、女性を「なんそれww」と思わせるようなものです。

それがウケを狙うタイプの自己紹介方法です。

 

ウケを狙う自己紹介の方法!

ウケを狙う自己紹介とは、つまり相手の感情を揺さぶる自己紹介を行うということです。

 

私がよくつかう自己紹介の方法は、

嘘が3秒でバレるような適当な自己紹介です。

 

「フィリピンからきました。ナマステ〜、あと30分でフライトで〜す」とか

「セブンのバイトリーダーしてます」からのあとで大手の役員だったとか

「ハッシュ関数とfor文が得意です」とか言ってわけわからない専門用語を並べてみるとか

とにかく女性に「なんそれww」と思わせたら勝ちです。

 

基本的に飲みの席なので、適当で良いのです。

女性側も真剣に聞いていません。

本当に聞いていません。笑

名前なんて3秒で忘れる人もいます。(私も然り。)

 

なので、あなたも相手に顔と印象を覚えてもらうためにとにかく初めからウケを狙いにいってみてはいかがでしょうか?

 

ウケを狙うことで得られる利点

滑っては元も子もないのですが、ウケを狙うことで相手に興味を引くことができます。

興味を引くことで得られる利点はいうまでもなく、あなたとデートに行く確率が高まるということです。

デート中しても楽しいかも!と思わせたら勝ちです。成功です。

 

その方法は正直なんでも良くて、自己紹介はひとつのきっかけというか方法にすぎません。

 

ただ、このウケを狙うときのデメリットも存在しており、

ウケを狙って滑ったらもう元に戻れない。つまり相手とLINEすら交換できなくなります。

 

なので、下手をこかないためにもまずはジャブ程度のウケ。

さらっとしたウケを狙うといいでしょう。

上記の例だったら「フィリピンから来ました~」くらいで止めておいて、ウケたら、なだれ込むように次のウケを狙うようにするといいです。

 

目次に戻る

まとめ

結果最大限大事なことは、いつもひとつしかないということです。

恋愛市場、特に合コンなんていうバチバチに異性を見極めに来られてくる場合は、

  • 相手の感情を揺さぶる
  • 自己紹介のタイミングは出会ったタイミング
  • ウケを狙うような適当な返しを心懸ける

本当の自分のプロフィールなんてのは、デートした後にいくらでも説明できますからね。

はじめて会ってかわいい!とかデートしたい!と思った異性とデートに行くのが合コンの目的です。

その目的を達成できるように、戦略立てて、実践してみてくださいね!

 

目次に戻る
ワクワクメールでオフパコできるの?

ワクワクメールの評判や口コミ
男女60人にアンケート調査!

ワクワクメールというのは聞いたことあるけど、

  • なんか怪しいよね?
  • どうせ出会えないって。笑
  • サクラばっかりでだめアプリ!笑

と思っていた時代も私もありました。

ワクワクメールを実際に使ってみた60人に聞いたアンケート調査で、ワクワクの価値観が崩壊。筆者は膝から崩れ落ちる自体に発展。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

中高大と全くモテなかった経験から、4年間で合計約100回の合コンに邁進。月に80000円はくだらない金額を出会いに使ってきたが、マッチングアプリを使った出会いが一番効率良いことを知る。現在は月88人マッチングした方法や恋愛テクニックをそのままメルマガ・ブログで情報還元中。合コン中に女子から真顔で「きもっ」といわれたKEI発刊のメルマガ「非モテメンズ撲滅講座」は生徒さんからうざわかりやすいと話題。